視力アップのための近視回復塾

視力をアップさせるための視力回復トレーニングの方法などを解説しています。

サイトトップ > 視力を上げる方法とは?〜矯正とトレーニング

視力を上げる方法とは?〜矯正とトレーニング

視力を上げる方法には、視力の矯正と眼筋トレーニングがあります。

メガネやコンタクトレンズを装用して、遠くが見えれば、これも立派な視力を上げる方法です。しかし皆さんが望んでいるのは、これ以外のやり方だと思います。

お金を掛けるのであれば、睡眠中に視力を上げるオルソケラトロジーやオサート。あるいは角膜をレーザーによって削るレーシック手術やラゼック、PRK手術というところでしょう。内眼手術であるフェイキックIOLもあります。これは視力0.01という強度の近視にも有効です。

そのほか目の筋肉を鍛えることによって、視力を上げる方法があります。近眼の目は、眼筋が使われないために、弱体化していると思われます。そのため毛様体筋が緊張したり、外眼筋が眼球を押さえきれずに眼軸が伸びてしまうといわれています。

自宅でも無料で簡単にできる、視力を上げるトレーニングがあります。たとえば毛様体筋のトレーニング。これは遠くと近くのものを交互に見比べていく視力回復運動。毛様体筋のコリが解消されて、ピントフリーズ現象が解除されます。小学生の子供に多い仮性近視にとくに効果があります。大人でも、疲れ目の解消になります。

視力を上げる訓練法には、眼筋トレーニングといわれる外眼筋を鍛える訓練法もあります。近くのもを長時間見続けていると、小範囲のものしか見ないために、視野がせまくなるとともに、外眼筋が運動不足になります。これが外眼筋の血行不良を引きおこし、筋肉を弱体化させていくことになります。

こうなると外眼筋が眼球に作用して、眼球を変形させるとも考えられます。これが軸性近視の原因とも推測されます。

視力を上げる眼筋トレーニングでは、目を速く動かします。難しいことはなく、目を速く動かせば、目の運動不足の解消になります。これは、家でできる簡単な視力アップトレーニングの方法になります。パソコンの四隅を視線で結びましょう。

視力を上げる方法には、このほかに市販されている視力回復の本を使うものがあります。たとえばマジカルアイ。これは平行法や交差法という見方をすると、2次元のイラストや写真が浮き出てきて立体視ができるというものです。

そのほか視力アップアイグラスも人気があります。
なにより、ただ掛けて室内で生活していればよいので、簡単で誰にでもできるという手軽さがあります。これは仮性近視の視力を上げるには有効で、疲れ目を解消する効果が期待できます。眼精疲労の予防・改善にも効果があります。子供や幼稚園児は面白がって、遊ぶので、しぜんと目の訓練になるというメリットがあります。

視力を上げる方法には、視力回復の機械もあります。
ただ覗くだけというタイプの機器が多いようです。しかしこういった器具のデメリットは、退屈だということです。そして退屈なものは、毎日持続することは困難になります。

超音波治療器ソニマックもありますね。
これは何万円もする高いもので、なかなか手が届きません。視力を上げる効果はあまりないようで、目の疲れを取る程度です。しかし、小学校低学年の子どもの仮性近視や老眼に対しては、有効な気がします。

そのほか視力を上げる手段としては、視力回復センターに通ったりしてもいいかもしれませんが、単調なところも多いために、通院がむずかしいように思います。その点、自宅で簡単にできる視力回復のマニュアルなら、好きなときにできるので、長続きしやすいといえます。その上、視力アップに行き詰ったら、先生やインストラクターにメールで質問できるので、励ましてくれます。これは長続きの秘訣でもあります。

視力アップの方法とは?一覧