視力アップのための近視回復塾

視力をアップさせるための視力回復トレーニングの方法などを解説しています。

サイトトップ > コンタクトで視力アップする方法〜オルソケラトロジー

コンタクトで視力アップする方法〜オルソケラトロジー

コンタクトで視力アップする方法があります。

厳密にはコンタクトレンズを睡眠中に装用すると、日中は裸眼ですごすことができる眼科の矯正法です。これをオルソケラトロジーといいます。視力回復コンタクトと呼ぶ人もいるようです。

コンタクトで視力アップするといっても、これは視力の矯正の一種であり、メガネや従来のコンタクトレンズの装用と同様の原理に立っています。ただ、昼間は裸眼視力で遠くがよく見えるため、あたかも視力回復したように感じるわけですね。

コンタクトで視力アップすると、メガネレンズを通して外界を見ないので、とてもクリアな視界になります。その分、視力の低下が抑えられることになります。メガネよりも従来のコンタクトレンズのほうが、視力低下のスピードが遅いことと一緒です。これは実際に使ってみれば、実感として分かることです。

メガネでは、角膜とレンズの距離が約12ミリあるために、どうしても見る向きによって像がゆがみます。これは強度の近視でメガネレンズが分厚くなるほど、顕著になります。レンズの部分によって外界の像の大きさが変化するのです。これは非常に目の疲れが大きくなります。その分近視の進行が速くなるのです。

従来のコンタクトレンズも、コンタクトで視力アップできるオルソケラトロジーも、その点、ゆがみがないため、近視の進行は遅くなります。これはレーザー角膜屈折矯正手術であるレーシック治療でも同様です。レンズを通さないで見るため、急激に視力低下するということがありません。

コンタクトで視力アップするといっても、前述したようにオルソケラトロジーは、視力の強制です。そのため目が良くなったと錯覚してしまう危険があります。

視力回復コンタクトで快適な毎日を遅れるようになっても、眼球は長いままの軸性近視です。ほとんどの近視は、軸性近視なのです。そうなると将来、網膜裂孔や網膜剥離の危険があります。もちろん必ずなるというわけではありません。そのほか緑内障、黄斑変性症などの眼病のリスクもあります。

コンタクトで視力アップするわけではないので、たんなる視力の矯正であり、近眼のままです。レーシック手術でもそうですが、たんに角膜の表面を調節して、屈折力を変えているだけなのです。いってみればメガネや従来の使い捨てコンタクトレンズなどと同様に、松葉杖をついているようなものです。

コンタクトで視力アップをして、快適な生活を満喫したいのなら、こういった目の病気の予防を心がけることが大切です。たとえば視力回復のツボを指圧したり、緑黄色野菜からルテインを摂取することがポイントです。ルテインの錠剤なら、毎日最低でも6ミリグラム以上が必要です。

視力アップの方法とは?一覧