視力アップのための近視回復塾

視力をアップさせるための視力回復トレーニングの方法などを解説しています。

サイトトップ > 視力アップトレーニングの方法とは?〜眼筋訓練

視力アップトレーニングの方法とは?〜眼筋訓練

視力アップトレーニングの方法は、自宅でも簡単に、しかも無料でもできるものです。

視力アップトレーニングとは、言うまでもなく、メガネやコンタクトレンズの力を借りることなく、裸眼で快適に生活できるようになるための目の治療法です。あるいは、近眼の度を少しでも弱めるためだったりします。

睡眠中に視力がアップするオルソケラトロジーは、視力アップトレーニングではありません。これはあくまでも視力の矯正です。しかし角膜を押さえつけるために、近視の進行を抑制する効果はあるようです。

視力アップトレーニングを実行するには、二つの方法があります。ひとつは通う方法、もうひとつは自宅で実践する方法です。

通うタイプの視力アップトレーニングには、東京視力回復センターや視快研や眼育総研(近視アスレチック)などの施設が近くにあれば、通院するという方法です。あるいは眼科の近視の通電療法ですね。

こういったタイプの視力アップの方法は、毛様体筋の弛緩を目的にしていることが多いです。つまり子供の仮性近視とか、屈折性近視には有効であっても、眼軸が伸びた強度の近視には、あまり効果がないということです。

いっぽう自宅で簡単に、無料でもできる視力回復トレーニングがあります。真の視力アップトレーニングとは、単純であり、家でもできるものなのです。こういった単純な方法は、視力回復センターでは指導しません。

視力アップのための眼筋トレーニングには、2種類あります。毛様体筋の訓練と外眼筋を鍛える方法です。前者は、視力回復センターで行なっているようなもので遠くを凝視したり、遠くと近くを交互に見比べる遠近体操法といわれるものです。

指先と壁にかかっているカレンダーの文字を見比べれば、誰でも自宅で簡単にできます。

外眼筋を鍛えるには、目をすばやく動かすことです。
パソコンの四隅を対角線に視点移動すれば、外眼筋は強く、太くなっていきます。じつはこれが、もっとも効果的な視力アップトレーニングの方法になります。

そのほか自宅でできる視力アップの方法として、3Dのマジカルアイという立体視ができる視力回復の本があります。そのほかピンホールメガネ(視力アップアイグラス)などの視力回復グッズも100均やネット上の通販で販売されています。

あるいは、ただ覗くだけで視力が向上するという視力回復機があります。スーパービジョン、ビジョンブライト、アイトレーナー、メガトレなど、類似品も多くあります。そのほか超音波治療器ソニマックなんていう器具もありますね。

こういった視力アップの機械やグッズ・アイテムは、それだけでは視力0.01という強度の近視を視力改善することは困難でしょう。ただし、前述したような自宅で無料でできる視力アップトレーニングの方法と組み合わせれば、効果を発揮します。

インターネット上には、視力回復のインストラクターや専門家によるマニュアルが公開されていますので、こういった通信指導を受けて、視力アップを加速させるという選択肢もあります。

視力アップの方法とは?一覧