視力アップのための近視回復塾

視力をアップさせるための視力回復トレーニングの方法などを解説しています。

サイトトップ > 免許更新と視力検査〜普通自動車は視力0.7以上

免許更新と視力検査〜普通自動車は視力0.7以上

免許更新の視力検査について、解説します。

普通自動車免許を取得するには、規定の視力検査にパスしなければなりません。そのほか中型の法律改正により、そのほか深視力、聴力、運動能力の検査も同時に行なわれます。

普通自動車の運転免許証を取るには、両目で視力0.7が必要です。これは裸眼だけではなく、もちろん視力矯正した数値でもOKなのは、誰でも知っているでしょう。

メガネやコンタクトレンズを装用して、車の運転をする人は、条件等の欄に眼鏡等という表記がされているはずです。

免許更新の視力検査をパスする条件は、両目で視力0.7ではありますが、その場合、左右の目が視力0.3であることが必要です。あるいは片目が見えなかったり、極度に視力低下している場合は、片目の視野が150度以上かつ視力が0.7以上が必要です。

しかし、これはちょっと危険のような気がします。
片目が見えなくても、もう片方の目で視力0.7あればいいというわけです。これでは両眼視機能に問題があるため、車間距離が取れないような気がします。

普通自動車以外では、原付免許更新の視力検査では、両目で視力0.5以上と、やや基準がゆるくなります。この場合も、片目が見えない人は、片目だけの視野が150度以上、視力0.5以上が必要です。これも同様に危険な気がします。

中型免許更新の視力検査では、深視力の測定も行なわれます。これは3本の棒が一列に並んだときに、ボタンを押すというものです。きれいに並ぶほど、深視力に優れていることになります。深視力とは立体感、遠近感です。スポーツビジョンでも使われていますね。サッカーでは、とても重要視されている視機能です。

車の運転においては、前の車との車間距離を適正に保つために、この深視力が必要になります。

免許更新の視力検査は、以上のようになっていますが、夜間視力とか動体視力も測定したほうがいいと思うのは私だけでしょうか?車は夜にも運転しますし、コントラスト感度も必要です。雨の日など視界が悪い日もあるでしょう。またつねに景色は動いていますので、動体視力が必要です。

免許更新の視力検査は、必要最低限のことしか測定しないので、あとは自分で工夫して動体視力などの視機能を高めるように努めるしかなさそうですね。目を速く動かす眼筋トレーングや速読法が役立ちます。

視力アップの前に一覧