視力アップのための近視回復塾

視力をアップさせるための視力回復トレーニングの方法などを解説しています。

サイトトップ > 強い近視とは?〜眼球が伸びた軸性近視

強い近視とは?〜眼球が伸びた軸性近視

強い近視とは、「強度の近視」ともいわれ、いわゆる軸性近視のさらに進行したものです。

たいてい強い近視といった場合、視力検査表の一番上のランドルト環の向きもわからないレベルです。視力0.1以下になります。だいたい視力0.1というラインが、視力アップしやすいか、しづらいかの境目のような気がします。

強い近視といっても、だいたい視力0.1があれば、手もとの文字を裸眼で読むことができます。ところが視力0.1を切ると、手もとの本を30センチも離すと読めなくなります。ましてや視力0.01ともなると、本に顔をすりつけるようにしないと見えなくなります。

強い近視は軸性近視ですが、これは眼球がラグビーボールのように楕円状に伸びて変形しています。外眼筋が弱体化したために、眼圧が眼筋にまさって眼軸が前方に伸びたのか、斜筋が眼球の腹を締め付けて眼軸が伸びたのか、その発生機序はわかりません。

強い近視は、誤った生活習慣を改めないと、どんどん近視の度が強くなり、視力が低下していきます。強度の近視だからといって、その行き着く先に失明ということはありません。失明とは、光をうしなうことであり、光を感知するのは、あくまでも網膜にある光受容体だからです。目の屈折とは関係ありません。ただし、眼病経由で失明することは十分考えられます。

別に強い近視だけではなく、目のいい人でも目の病気にかかれば、失明の可能性はあります。ただ強い近視は、網膜が伸びているために、うすくなっています。そのため目の不具合の危険があります。

たとえば網膜裂孔、網膜剥離、黄斑変性症、緑内障。糖尿病にかかかると、網膜症の危険もあります。強い近視の人は、糖尿病だけは避けたいところです。近視性の白内障もあります。

強い近視の人は、それ以上視力を低下させないように、毎日目のメンテナンスを行ないましょう。たとえば目を使ったら、その場ですぐに目の疲れを取るようにする。目を強くまばたきしたり、目のツボを指圧して、目の血行をよくすることが視力アップの基本となります。

そのうえで眼筋トレーニングなどの視力アップ訓練を行ないます。ベイツス理論によれば、眼筋が弱体化したり緊張すると眼球を締め付けたりするので、外眼筋を再訓練するのです。パソコンの四隅を対角線に速く結ぶだけでも効果があります。ただし、やりすぎは禁物です。

そのほか強い近視の人は、視力回復サプリメントも必要です。毎朝、毎晩ルテインやアントシアニン、ビタミンCなどを摂取するのです。ルテインは緑黄色野菜(特にケールの青汁)、アントシアニンはブルーベリーやビルベリー、カシスに含有されています。ビタミンCには、白内障や老眼を予防する効果があります。柿の葉茶がおすすめ。カフェインが含まれていないので、麦茶代わりになりますし、睡眠にも影響しません。

強い近視の人が、オルソケラトロジーの治療やレーザー角膜屈折矯正手術(レーシックなど)をうけて快適な視力を手に入れたとしても、目の内部は眼球が長い軸性近視であることに変わりはありません。そのため、この場合も同様に、前述したような目のメンテナンスが不可欠になります。

視力アップの前に一覧